087_01

087_03
087_05
087_07

刑務所では驚くくらい人員管理が徹底してます。
移動するごとに点呼を取るのは当たり前、工場を受け持つ刑務官はその時々に工場にいる受刑者の数、工場から用事があって出ている受刑者がいればその行先、その数など詳細に把握して、上長が巡回に来たときに報告してました。

これだけ管理してれば「誰かがいない、どこに行ったかも分からない、いつからいないかも分からない」という状況はなさそうなんですが、そのことよりもこの刑務官の報告がかなり早口で気になってました。

「あっした」→ありがとうございました
「っしゃせ」→いらっしゃいませ

に通じるものがある感じなんです。

俺は先生たちの人員報告を聞きながら、上長は聞き取れてるのかなーって疑問に思ってました。
「絶対今の報告聞き取れてないだろう!」っていう時もありましたが、こういう報告を受け慣れてくると聞き取れてくるんでしょうか。
たまに誰が抜けてるのか担当に確認してる上長がいたりもします。驚

「処遇2名って誰と誰?」って具合にです。
(処遇というのは、受刑者が問題を起こした時などにに呼ばれる部門です)

そういえば。
数年前に受刑者が刑務所から脱走した事件がありました。>広島刑務所中国人受刑者脱獄事件
あれは運動のためにグラウンドに出た時に逃走して、運動の前後の点呼で人員確認をしていなくなってることに気づいたそうです。

今改めてググって概要を見てみたら、監視カメラで逃走が確認されたその10分後には行方が分からないことを把握していたとか。

10分後。
凄いです。

受刑生活を送っている最中は点呼なんて習慣化してしまって面倒なだけだって思ってましたが……要所要所でやっぱり活きてるんですね。

基本が大事、意識しよう。


※※※

刑務所での生活や犯罪について描くことなどあります。
犯罪を助長する意図のものではありませんが、
そうしたものに対して嫌悪感や苦手意識を持たれている方はどうぞご遠慮ください。

※※※


インスタから絵日記はじめました。
よければフォローしてやってください、励みになります!
nametag
&&&
LINE-advertise
👇~ブログランキング参加しました~👇
000-banner-1000-banner-2
にほんブログ村人気ブログランキング