084_01

084_03
084_05
084_07

歯の健康をこの受刑生活で痛感しました。

タイミングが悪いのか何なのか、留置場にいるときに歯の詰め物が取れました。
留置場にいる頃は留置場から外部の歯医者に連れて行ってもらって簡単な治療を受けられて、まあこんなものかと思ったのですが、拘置所では拘置所に医務室があってそこに歯医者が来るというスタイル。

「外部からくるのか」
「驚いたけど、ちゃんと医療が受けられるのは安心だな」

なんて思ってましたが、俺が甘かったです。苦笑

拘置所の時はそれほど意識しませんでしたが、刑務所に来ると医務課の受診を願い出て待っている人の数がとても多い。

内臓系や血圧系、糖尿だとかの身体系から、不眠症やらなんやらと精神系まで不調を訴える人は本当に多くて、週一の医務願せんを出せる日はかなりの数の申し出がありました。

※刑務所では何かお願いしたいことがあるときは「願せん」っていうのを書いて刑務所に申し出ます。
 この場合は医務課の受診をお願いしたいので「医務願せん」を書く。

そのうちの歯科ですが、これもたくさんの人が申し出てました。
虫歯ができたって人、歯がぐらぐらしてるって人、詰め物が取れたって人、入れ歯がどうって人、色々です。

一応毎週か隔週かで歯科医は刑務所まで来てくれてました。
でも処理スピードが追い付かないんですよね、診療ペースに対して申し込む受刑者が多すぎて。
だから申し込んでから呼ばれるまでは数か月かかってました。

社会でも大学病院とか繁盛してる病院だと数か月待ちとかありますよね。あのノリです。

顔の形が変わるくらいに腫れたりもしてましたけど、それを刑務官に伝えても早めに呼ばれるということは俺はありませんでした。

もう刑務所にいる間は仕方がないって割り切らないと自分がイライラしてしまうので諦めてました。


出所後、ちゃんとした歯医者に行って色々見てもらったら

「こんなにひどくなる前に医者に診てもらってれば抜かなくて良かったかも~」
「今後は定期的に来てくださいね~」

って言われちゃいました。
ちょっと辛かった。


※※※

刑務所での生活や犯罪について描くことなどあります。
犯罪を助長する意図のものではありませんが、
そうしたものに対して嫌悪感や苦手意識を持たれている方はどうぞご遠慮ください。

※※※


インスタから絵日記はじめました。
よければフォローしてやってください、励みになります!
nametag
&&&
LINE-advertise
👇~ブログランキング参加しました~👇
000-banner-1000-banner-2
にほんブログ村人気ブログランキング